2005年12月02日

エイズデーにちなんで

red_ribbon.jpg
12月1日は世界エイズデー。
このためもあってか、最近は僕が以前書いた「エイズ検査体験」の記事への
アクセスが多い。
日本でもHIV感染者が増えている中、エイズに対して、意識が高くなっている
ことは良いことだと思う。

でも、依然としてエイズを「自分とは関係ない病気」と考えている人が多い。
大学時代の友人が今、エイズ研究をしていることもあり、エイズについて
話題に上がることが最近は多かった。
そうして話しているときも、残念ながらエイズについて本当に意識を持って
いる人は少ない。
「なっちゃったらしょうがないや」とか「簡単には感染しないでしょ」と
いう意見を聞くこともあり、怖くなった。
そういう人たちの行動がHIV感染者拡大の道を作っていくからだ。

やはり大事なのは、この問題に対して、自分のこととして正面から向き合う
こと。そのためには、実際に行動してみるのが一番だと思う。
以前書いた記事の中で、僕が最後に書いたこと。

「とりあえずは今できることからやっていかないと。例えば、エイズ検査を
受けてみるのもお勧めします。やっぱり自分から行動を起こしてみないと、
問題に正面から向き合うことができないと思う」


--------------------------------------------------------------------------------
行動を起こすためのおすすめリンク
HIV検査・相談マップ身近な検査施設の検索に
HIV/AIDSに関する基礎資料エイズに関するニュースを集めたもの
厚生労働省 エイズ治療薬研究班
エイズ予防情報ネット
特集/世界エイズデー2005(国境なき医師団)
レッドリボンキャンペーン(Yahoo!)


posted by nob at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。