2008年11月21日

危機に陥ったコンゴ民主共和国



最近、日本の新聞でも報道されてますね。
東コンゴ情勢。

みなさんは今朝、目覚めた後、顔を洗い、着替え、朝食を食べて職場に行くという普段と同じ日課をこなしたのではないでしょうか。 私たちのほとんどは、考えることなく日々変わらぬ生活を繰り返しています。でも、コンゴ民主共和国東部に位置する南北キブ州の家族にとっては、状況はまったく異なっています。心地よいベッドで目覚めることはありません。お湯の出るシャワーもありません。健康的な朝食を楽しむことも、働きに行くこともありません。彼らにとっては繰り返される日常生活が悪夢になってしまっているのです。

人びとは15年も続く戦争の囚われの身となっています。武装勢力から逃れるため、毎日のように自宅から、あるいは一時的に避難している場所からさらに避難しなければならないのです。水や食べ物はほぼないに等しく、着の身着のままで、持ち物といえば背中に背負っているものがすべてです。母親も父親も、年老いた人も赤ん坊も、そして若者も、だれもが略奪や暴力行為を逃れ生き延びるためにもがき苦しんでいます。


国境なき医師団がウェブサイト「危機に陥ったコンゴ民主共和国 ―紛争に巻き込まれた人びとの声―」を立ち上げたとのことなので、紹介です。

http://www.msf.or.jp/special/condition_critical/

http://www.condition-critical.org/

さて、このサイトを見て、どう思うんだろうか?

「世界中の人は虐殺が行われている映像を観ても、『可愛そうだね』
と言って、ディナーを続ける」
(ホテル・ルワンダより)

では、何も変わらない。

まずは考えて欲しいなあ。
そして、何かの行動を起こして欲しいなあ。

是非。


-----------------------------------------------------------
追記

日本UNHCRのホームページも
http://www.japanforunhcr.org/act/a_africa_drc_01.html
posted by nob at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。