2005年04月21日

政治家ってうらやましい

ニュースで党首討論の模様を放送していた。

民主党の岡田代表に郵政民営化の必要性を問われた小泉総理の発言。
「郵政民営化については、重要性が分かる人と分からない人がいるが、いかに重要な行財政改革か、いずれわかると思う」

この台詞を実際のビジネスの場面で使って通用するだろうか。絶対通用しない。
例えば、あるシステムを売り込んだ営業が、お客さんから「そのシステムを当社が導入して本当に意味があるのか」と尋ねたとして、それに対して「このシステムについては、重要性がわかる人とわからない人がいるが、いかに重要なものかは、いずれわかると思う」と答えて、どうなるだろうか?
「じゃあ、将来にかけてみよう」とそのシステムを導入する会社があるだろうか。
絶対に起こり得ない話だね。具体的に説明できないことを信用する人なんていない。
具体的に説明できなくても許されてしまう政治家って本当にうらやましい。


posted by nob at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。