2005年04月22日

エイズ検査体験

先月エイズ検査を受けてみた。

事のきっかけは、マンデラ元大統領の息子がエイズによる合併症で死亡したという記事
このなかでマンデラ元大統領の発言に共感した。
「隠すのはよそう。死因はエイズだったと(皆が)堂々と言うようになれば、人々はエイズを特別な病気と思わなくなる」


日本でもシンガポールでもエイズ患者が増えているそうだ。
原因はいろいろと取り上げられているが、根底にあるのは「知識不足」。
そして、「知識不足」を招いているのが、エイズに対する人々の意識。
僕もそうだが、エイズと言うと「怖い病気」、「感染しても人に言えない病気」と連想してしまっていた。けれど、エイズが表舞台に出てきてから約20年の間に研究が進み、早期発見すれば死亡することはほとんどなくなったそうだ。実際に、エイズに感染しても元気に暮らしている人はたくさんいる。イギリスでは大臣まで勤めていた人さえいるそうだ。また、セックスによる感染の場合が多いため、恥ずかしい病気と言うイメージが先行しているが、別にセックスは特別なことではない。
だからと言って、怖い病気でないわけではない。発病してから治療しても間に合わないことが多いし、薬の副作用もあるということだ。

そこで大事になってくるのが、「予防」と「早期発見」だけど、ネガティブなイメージが先行しているから、正面から向き合おうとしなくなる。「予防」のためには、コンドームの使用することなどがあるが、「早期発見」は現状ではハードルが高い。

何といってもエイズに感染しただけでは、特別な症状がない。潜伏期間も10年くらいと長いからずっと気づかないままでいる可能性が高くなる。発症する前に発見するには、エイズ検査を受ける必要がある。
実は、先月までエイズに検査についても十分な知識がなかった。
3月中旬に日経新聞でエイズ検査の特集記事があり、最近は夜間や土日にも公的機関で検査を受けることができるようになったと書いてあった。今まではエイズ検査というと、平日で時間も限られていて、簡単には受けられないものだと思っていた。

で、とにかく行動を起こそうと思い、新聞でも紹介されていた南新宿検査・相談室に行くことにした。ここは、夜間や土日にも検査を受けることができ、サラリーマンにとっては利便性が高い。

まずは、電話予約。結構つながらないもので、3回目でつながった。
匿名での検査なので、名前を名乗る必要はない。確認事項を3点ほど答えた後、予約番号が与えられ、来訪時にその番号で受付するように伝えられる。

次に、実際に検査所へ。
受付で予約番号を伝え、検査申込書に記入する。
検査申込書も匿名のため、名前を書く必要はない。その代わりに4桁の番号を書く。
そして、待合室に座った途端に、検査室に案内された。

検査室では簡単なカウンセリングが終わった後、隣の医師がいる部屋で採血された。
(この採血の腕は素晴らしかった。ほとんど痛くなかった)
カウンセリング時には結果を聞きに来る日の予約もする(検査から1週間後以降。後で変更することも可)。

1週間後、結果を聞くために再び検査室を訪れた。
受付で番号札をもらい、結果を聞く待合室へ。
今回もすぐに呼ばれた。
部屋に入ると医師がいて、採血時の検体番号の確認がある。
確認が終わった後、検査結果を見せてくれる。「-」と書いてあった(少なくとも60日前までは感染していないという意味)。
一応、この場で聞きたいことがあれば質問もできる。せっかくだから幾つか質問してみた。

その後、アンケートを書くために隣の部屋へ。
そこで、エイズ検査について周りに広めて欲しい旨が書いてあった。
なので、今回ブログでも取り上げてみました。

検査所の雰囲気は非常に良かった。検査所の人たちの態度もよく、リラックスできた。
来所する人の年齢層は、20代〜30代くらいが多かったが、50代っぽい人もいた。
また、一人で来る人もいれば、カップルで来る人もいた。
あと意外だったのが芸能人のサインが結構あったこと。
やっぱり新宿と言う場所柄かな。

今回マンデラ元大統領の息子の死をきっかけに「初めて」エイズと正面から向き合うことができたと思う。
そして、エイズ検査を受けるまでの間に、いろいろとネットで調べてみたりして、今まで知識が本当に乏しかったなあと痛感した。

また、「早期発見」のための環境が不十分と言うことも感じた。新宿の検査所は夜間や土日も検査を行ってくれるが、多くの保健所では月に1〜2回しか検査日がなく、平日でしかも時間も2時間程度。仕事をしながらだと検査を受けるのが難しい。

まあ、行政に行動を起こしてもらうのは時間がかかることだから、とりあえずは今できることからやっていかないと。例えば、エイズ検査を受けてみるのもお勧めします。やっぱり自分から行動を起こしてみないと、問題に正面から向き合うことができないと思う。

マンデラ元大統領の勇気ある行動に敬意を表します。

--------------------------------------------------------------------------------
おすすめリンク
HIV検査・相談マップ身近な検査施設の検索に
HIV/AIDSに関する基礎資料エイズに関するニュースを集めたもの
厚生労働省 エイズ治療薬研究班
エイズ予防情報ネット
posted by nob at 01:31| Comment(22) | TrackBack(2) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。
私(25歳女)も先日HIVの検査を受けました。
結果は陰性でした。
検査機関をネットで調べ、都内の保健所で検査を受けました。
きっかけはNYから帰国した検査経験者(-)の友人からの勧めでした。
以前から「いずれは検査をしてみよう」と思いつつもタイミングを逃し続けていて、正直、HIVのことなど日常の多忙さで忘れていたところでした。
結果が出るまでの一週間、これまでどう生き、今後どう生きるのか、を深く考えました。
そして「後進国日本」についても。
私が検査を受けた保健所の対応には少し不快感というか、改善して頂けたら…と思う点がありました。

こんな私に何か出来ることはないかと思い、HIV検査は恥ずかしいことじゃない、という認識を周りの友人へ伝えることから始めています。

マンデラ元大統領の発言は今回初めて知りました。
素晴らしいことだと思います。そしてとても共感しました。

日本でもアーティストや作家など、発言力・影響力がある人達がもっとHIVの認識を高め、そして自らの体験を通してHIVに対する偏見をなくし、特に20歳代へ警鐘を鳴らすなどの活動をしていってもらえたら、と思っています。
Posted by amalulu at 2005年05月25日 15:34
amaluluさん、コメントありがとうございます。

この記事は毎日アクセスが多いけど、みんなどんな風に感じてくれているのかが分からず、ちょっと不安でした。

今回、一人にでも伝えたいことが伝わっていたことが分かり、安心しました。

確かに、検査を受けてから1週間はいろいろと考えましたね。いい人生勉強になりました。

とにもかくにも、もっと多くの人がHIVについて認識を高めて欲しいですね。有名人に期待するのも一つの方法だけど、草の根で広めるのも結構威力ありますよね。
Posted by nob at 2005年05月25日 18:39
正直、不安でいっぱいでした。今まで一度も受けたことないですからね、検査。今日は世界エイズデーということもあり、もやもやしながらこのblogにいきあたりました。 勇気付けられましたね、nobさんの丁寧な口調と穏やかな雰囲気に。半休とって、新宿南口行ってきました。結果を待つのはすこしばかりもどかしいですが、ひとつ、自分のなかで片付きはじめた感じがして、良いかな。とどのつまりは、ありがとうってことです。もう一度、きちんと。nobさん、ありがとう。
Posted by 缶 at 2005年12月01日 18:07
缶さん、コメントありがとうございます。
この記事がきっかけになったと聞いてうれしいです。
やっぱり自分で行動してみると、一つ前に進める感じがしますよね。
Posted by nob at 2005年12月02日 01:35

結果=「−」

待ち時間、震えてしまいました。
今回の結果に安心せず、気をつけていかなければと痛感しました。相方も今週末、検査へ向かいます。
遠い国の話では、もう、ないですからね。

一応報告まで。
Posted by 缶 at 2005年12月09日 19:03
缶さん、報告ありがとうございます。
結果は陰性でよかったですね。
この問題って、本当に身近な話ですよね。
そう思えたところから、話は前に進むと思うので、今回の検査が良いきっかけになったと言うことですね。
Posted by nob at 2005年12月09日 23:32
初めまして。私(22歳)も今日検査の結果ききに行って陰性でした。結果が出るまですごく不安だったので安心しました。エイズってすごく気にする人と全然気にしない人に分かれてますよね>< 私は少しエイズノイローゼ気味です。
Posted by 白いインコ at 2005年12月26日 19:44
白いインコさん、コメントありがとうございます。
エイズって、考えれば考えるほど身近な病気なんですよね。僕もそれに初めて気づいたときは、気になってしょうがなかったですよ。
全然気にしない人は確かにいますよね。
でも、いつまでも気にしないで済む問題でもないと思いますけど。
Posted by nob at 2005年12月26日 23:46
先程、彼氏と電話で話して
エイズ検査を受ける事になりました。
一緒に受けようと彼が言ってくれるので
一緒に受けに行って来ます。
ずっと彼の体調が悪くて、
症状が似ているものを探してて
「エイズ・・・???」なんてなって。
すごく不安です。
大至急検査の予約をとっていく事にしているのですが、
不安でたまらずココに辿り着きました。
上野の保健所の予約が取れたら良いんですが・・・。
大丈夫なのを祈ろうって彼からメールが来て
泣きそうです。
眠れません。
怖いです。
Posted by 柚子 at 2006年05月22日 02:40
柚子さん、とにかく検査を受けてみるのが先決ですね。
そうでないとただただ不安な時間が過ぎていってしまいますから。上野の保健所は結果もすぐ出るみたいですし。

検査所では精神面の相談にも乗ってくれるはずなんで、その場も利用して不安なことをぶつけてみるのもいいかと思います。
Posted by nob at 2006年05月22日 23:27
先週の火曜日検査に行ってきました。
そして本日結果を聞いてきました。
大丈夫でした。
今後の事も本当にしみじみ考え直しました。
彼も明日結果を聞きに行きます。
二人とも大丈夫だったら、
今度はもっとお互いを大事に思って
接する事が出来るなって思います。
本当に不安な1週間でしたが
自分にとって本当に良い機会だったと思っています。
ありがとうございます。
Posted by 柚子 at 2006年05月30日 23:59
柚子さん、良かったですね。
検査の結果はどうだったのかなぁと心配してました。

これを機会にエイズのこともお互いのことも考えることができたのは、良い副産物でしたね。
この経験をプラスにしていって頂ければと思います。
Posted by nob at 2006年06月01日 01:12
皆さんこんにちは。私も2週間前にエイズの検査を受けてきました。ずっとなんとなくは気になっていたのですが、お昼休みにふとインターネットでニュースを読んでいたときに、6月の最初の週がエイズ週間で、ちゃんと検査してみようと思いました。私が行ったところは即日にわかる所だったのですが、待っている時間はこれまでの人生をいろいろな意味で考えさせられる時となりました。結果はマイナスでした。その際に思ったことは、この検査の大切さを一人でも多くの人に伝えなければいけないということでした。現在、ちょうど付き合い始めた男性がいます。その彼に自分が検査をしたこと。彼にもできたら検査をしてもらいたいこと(その彼とはまだ性的行為をしていません)。お願いをしたのですが、「信用されていないのか??」と怒ってしまいました。まだ別れてはいませんが、何とか説得をしたいと思っています。彼をはじめ、多くの人は「自分に限っては大丈夫」と思っている様です。知識不足の人々に出来る限り、この検査を大切さを広めていければと思っています。
Posted by はっぴー at 2007年06月18日 22:39
こんにちは
30代男性です。
ここのところの仕事のストレスや家庭不和
に託けて風俗に行ってしまいました。
友人から心配性だなと言われましたが
明日HIV即日検査を受けに行ってきます。
明日検査が終わったらまた来ます。
Posted by ルイージ at 2007年07月11日 10:15
はっぴーさん、書き込みありがとうございます。
自分のブログのコメントをずっと見てませんでした。
ごめんなさい。

人に検査を受けるように薦めるのって大変ですよね。
僕も勇気を振り絞った記憶があります。

でも、エイズが特別な人のものではないことが
広まらないと、いつまでもこの問題は解決できない
んですよね。

これからも説得、頑張ってください。
Posted by nob at 2007年07月14日 22:34
ルイージさん、書き込みありがとうございます。

この問題は心配性なんてことはないと思いますよ。
ルイージさんが、自分や周りの人のことを良く考えて
いることの結果だと思います。
Posted by nob at 2007年07月14日 22:41
日本でエイズ感染者はどれくらい居ますか?
Posted by 清水 at 2007年07月20日 18:31
私も来週HIVの迅速検査の予約をしました。
先週、婦人科でクラミジアがみつかり、先生にHIVの検査もしてみるといいと言われたからです。

それ以来、不安で不安で、ご飯ものどを通らないし、よく眠れないし、緊張のせいでおなかも痛くて、こんな状態を続けるより、はっきりさせたいって思って今日予約の電話をやっとの思いでしました。
すこし手が振るえ、声が上ずりました。
来週水曜日、結果を聞くまでの1時間、耐えられるか心配です。そしてもし陽性だったら人生が大きく変わってしまします。

それでも、このさきずっと知らないままでいるよりは、早期発見して治療するほうが自分のため、大切な人のためになるって、いろんなサイトやこのページに来て、わかりました。
でもとっても怖いです。
Posted by ERI at 2008年02月15日 10:56
私も今の症状がHIVに感染してるんではないかと不安です。とりあえず市販の検査キットで検査をし、今結果を待っている状態です。
この1週間が長いです。
でも悩んで2週間ぐらいたつので、陽性であっても少しの覚悟はできました。早期発見が大切であること、必ずしも死ぬ病気ではないことを知り少し落ち着きました。
ですが、陰性とでるのを願いたいです。。。
Posted by もち at 2008年03月25日 01:21
ERIさん、もちさん、書き込みありがとうございます。

本当に早期発見が大切ですよね。
自分だけの問題じゃないですから。
だから、2人とも行動したことは素晴らしいことだと思います。

このページが少しでも役に立ったのなら、うれしいです。

結果が出るまでいろいろ考えることがあると思いますが、その間に考えることって大事なことだと思います。
このときほど真剣に考えることはないですからね。
Posted by nob at 2008年03月26日 11:18
私はどうしても保健所へ行く勇気がなかったのでまず自宅での検査キッドで検査しました。結果がでるまでの一週間はいままで生きてた中で一番、精神的に辛かったです しかしこれから(結婚)などの人生を考えると受けるしかないと思いました。結果は陰性−でした。ですが3ヶ月前はHIVに感染していなかったということでもう一度確認のため受けて、新たに保健所で検査しようと思ってます。
Posted by 金太郎 at 2008年12月22日 15:42
金太郎さん、コメントありがとうございます。

検査受けることが第一歩なんですよね。
結果が出るまでは、いろいろと考えたんですね。

でも、きっとその間に考えたことは、とても貴重なことだと思いますよ。
Posted by nob at 2008年12月23日 01:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

HIV検査を受けた人の体験談リンク集
Excerpt: HIV検査がどのようなものなのか? ネットで調べて実際に検査を受けた人の体験談を集めてみました。 (随時更新します) http://platz.jp/~iroiro/naka02-bin/kn-..
Weblog: HIVという恐怖
Tracked: 2005-05-05 09:59

南新宿検査・相談室でHIV検査を受けてきた
Excerpt: 今日は、東京都南新宿検査・相談室でHIV抗体検査を受けてきました。
Weblog: HIVという恐怖
Tracked: 2005-06-25 20:22
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。