2007年12月25日

中米の旅 〜 その7 Hotel Montelena

かめちゃんと久々に出会って向かった宿は当初のところと違っていた。
Pension Tucanに泊まる予定だったが、どうも宿の人が誰もいなかった
そうで、バス停の目の前のHotel Montelenaに変更になった。
まあ、1泊8ドルだし、安いから問題はなかった。

到着してすぐに翌朝のツアーの申し込みをした。
何しろ8時までに予約しなければならないそうで、時間がギリギリだった。
ここで、翌日の予定とその後のフォルトゥーナまでの移動、宿、ツアー
まで予約した。
現金払いで、160ドルを一気に支払った。
カードが使えると踏んでいただけに、用意していたドルのキャッシュが
ほとんどなくなってしまった。

ちなみに、翌日の予定は、朝6時からCloud Forest Guided Tour、
12時半からAventuraという会社のCanopy+Bridge Tour。
そう、朝が結構早い。

予約が終わり、食事に出かけた。
出かけたと言っても、雨が降っていたので、ホテルの隣の食堂に入った。
モンテベルデはコーヒーの産地でもあるそうなので、コーヒーとチキン
チャーハンを食べた。やっぱりここも油っぽい。
どうも話を聞くと、コスタリカの料理はどれも油っぽいそうだ。
だから、肥満の人も多いとのこと。
確かに、コスタリカに入国してから、「なんでこんなにみんな太っている
んだろう」と不思議に思っていたのだけど、納得した。
空港、市内、バスの中、明らかに太り過ぎという人が本当に多かった。
でも、油っぽい料理が2連発で出てくるし、しっかりと原因もあったのだ。

腹を満たし、コスタリカの食事の相場も教えてもらい、ホテルに戻った。
久々の再会だったので、いろいろと話をしたが、さすがに翌朝も早いので
早めに寝た。
ちなみにこのホテルのシャワーは冷たい水だった。
(続く)
posted by nob at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007中米の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。