2007年12月31日

厨房で逢いましょう

何かで誰かを感動させられる力。
これが人を幸せにし、人を不幸にする。
力あるものは、どちらにも作用する。
でも、やっぱりそんな力が欲しいなあ。

この映画の最後は予想できなかった。
最後の手前の展開も。
面白かった。
posted by nob at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。