2008年01月03日

中米の旅 〜 その17 Best Western

書き忘れたけど、フォルトゥーナで泊まった宿の名は「Cabinas Wally」。

サンホセでは、Best Westernに泊まった。
今まで1泊10ドル程度だったのに、いきなりリッチになった気分だ。
チェックインも本格的だった。
日本から友だちに頼んで予約していたからスムーズだったけど、相手は
ちゃんとしたサービスマンだった。
ほんとは両替したかったんだけど、ドルにはできないと言われた。
僕は翌日の空港までのタクシーが米ドルじゃないと駄目でないかと扶南
だったから、できれば両替したかったのだ。
そのことを言うと、「空港へはシャトルサービスがあるので、お金を
払う必要ないですよ」と言われた。これはありがたい。
相場だと13ドルと言われていたから、かなり嬉しい。
翌日の飛行機の時間を言って、7時半出発のシャトルサービスに予約
してもらった。
しかも、このホテルはWelcome Drinkサービスがついていた。
そのチケットももらって、部屋に向かった。

部屋について荷物を降ろすと、清潔なベッドもある。
気持ち良さそうなんで、大の字になってみた。
すると・・・
次に気がついたのは、午後9時。
部屋に入ったのは5時頃。4時間近くも寝てしまった。
Interbusの運転に疲れてしまったのだろうか。
やばい、食事をしなくては。
ホテルのサービス案内を見ると、レストランは9時半までと書いてある。
この時間に外に出るのはちょっと怖いから、レストランに急いで向かった。
もう客は誰もいなかった。僕だけ。しかも、僕が注文を終えたら、入口は
閉めてしまった。ほんとにギリギリだった。
食事とドリンクチケットでビール(コスタリカビール「Imperial」)を
飲んで、また部屋に退散した。

ほんとは、サンホセで買い物もしたかったのだけど、残念だ。
シャワーを浴びて寝た。
まだまだ十分に眠れた。やっぱり疲れていたのかなあ。
(続く)
posted by nob at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007中米の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。