2006年12月31日

麦の穂をゆらす風

「何のために戦うか」

物事を始めるとき、最初は少人数だし、しっかりとした大義がある。
皆が何のために戦うかを共有している。

しかし、それが大きな組織になり、「何のために」がボケてくる。
細部にまで配慮が行き届かなくなり、「組織を維持するため」の戦いに変貌
してくる。ときには、組織を維持するために、本当は大切にしなければなら
ないものまでも自らの手で失うことにもなる。

戦いばかりではない。「何のために」という問いは僕たちの行い全てにつき
まとう問題だ。
もし、それに答えられなくなったとき、その行いは見直すところに来ていると
言うことなんだと思う。
posted by nob at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画って〜その1

「映画はな、現実に潜むドラマを見逃すな!感動を見逃すな!
そのための仮想現実として、感受性を磨く道具なんだ」
   〜テレキネシス「シェナンドー河」より


映画って何で存在するんだろう?ただの現実逃避のものなのだろうか?

確かに中身のない現実逃避に走っている映画もたくさんある。
そんな映画だって売れるときは売れる。
僕たちは現実逃避の手段として、ただ消費しているだけになっている。

でも、そんな映画ばかりではない。
そもそも現実には映画に負けない感動するドラマは至る所に潜んでいる。
ところが、そのドラマに気づくには感受性を磨く必要がある。
素晴らしい映画は、そういう感受性を刺激してくれる。
映画を観て感動し、そこで刺激された感受性を持って現実に感動する。
そんな風に僕らの人生を豊かにしてくれる。

ところで、今年映画館で観た映画のマイベスト3<邦画編>
1.フラガール
2.ゆれる
3.さよならCOLOR

これら3本は間違いなく僕の感受性を刺激してくれた。
これらの映画を観て、僕が何に気づくか。それは僕次第だけど、きっと何かを
得ているんだと思う。
最近お手軽映画が増えている気もするけど、僕らの感受性を刺激してくれる
映画に来年もまた出会いたい。
posted by nob at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

あるいは裏切りという名の犬

まるで主人公になっているかのような感覚だった。
心の動きが分かる。観ている僕まで主人公と一緒に困惑したり、悲しんだり、
喜んだり、怒ったりしていた。悲しい場面では、僕まで涙していたくらい。
監督と役者の演技力の賜物だろうなぁ。

この映画を観て思ったこと。人として踏み外してはいけないものは、決して
踏み外してはならない。それは時として規則として明示されているもので
はない。心に問い、心が答えてくれるものだ。

あと、何かをできる力があってもその力を本当に必要な場面で使えなかったら、
宝の持ち腐れになってしまうばかりでなく、物事を悪い方向に加速させて
しまうということ。

そして、最後に自分が大事だと思うことは、大事にするべきだということ。
何だかんだ言っても、最後に物事を決めるのは自分だ。その自分にとって
何が大事なのか。それを見失ってはならない。

主人公の気分を味わいながら、こんなことを考えさせてくれる中身の濃い
映画だった。三重丸!

ところで、この映画はフランス映画だけど、ハリウッドでリメイクする
そうだ。大丈夫なんだろうか。銃撃戦を派手にして娯楽に走るのかなぁ。
posted by nob at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

ローズ・イン・タイドランド

打合せが終わる時間によって、どの映画を観ようかとあれこれ計画していた。
で、本日打合せが終わった時間から、「ローズ・イン・タイドランド」を
観に行くことにした。

しかし、この選択・計画は間違いだった。つまらないし、意味が分からない!

宣伝文句は『元ロックスターでジャンキーの父と、草原の一軒家に引っ越してきた少女ローズ。ひとり遊びに興じる心情や想像力の豊かさと、いびつなものの中に宿る美しさ。無邪気の中にある、したたかさを垣間見せ、どんな逆境にいても未来を選び取る子供の逞しさを描いたテリー・ギリアム版「不思議の国のアリス」』

「無邪気の中にある〜」が主題と言いたいようだけど、そんなことは感じ
られない。ただただ、作り手の自己満足の世界が広がっているだけ。
途中からは早く終わらないかなぁと時計ばかり眺めていた。
そして、この2時間を何か別のことに使っていたらよかったなぁと後悔した。
たまにはこんなこともあるかな。そう割り切ろう。
posted by nob at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

フラガール

笑えたし、泣けたし、後味も良かった。

この映画を観て、「やるからにはやらないと」と思った。

きっかけは転がっている。
それをどうするかは自分次第。
結果としてそのきっかけを使わないこともあるけど、中途半端にするのは
もったいない。だから、まずは動いてみよう。
映画を観ながら、そんなことを考えた。

ところで、この映画の役作り大変だったと思う。
方言を覚えて、フラダンスを覚えて、時代背景も覚えて。
役者の人たちの苦労にも感心した。
posted by nob at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

ナチョ・リブレ

オーストラリアから日本に帰る飛行機の中で何本か映画を観た。
その中の一つ、「ナチョ・リブレ」。この映画、日本では公開しないかと
思っていた。

僕はもともとこの映画を機内で観ようとは思わなかった。
機内誌の案内を読んでもイマイチだし、「もっと他の映画をやってくれよ」
とさえ思ったほど。
ちょうど「MI3」を観終わった後で疲れていたし、眠ろうとしていた。
ところが眠れない。前のスクリーンに写る映像を観ていたら、何となく
惹かれて来た。
結局ヘッドホンをつけたのは、残り少しのときだったけど、「最初から
観たかった」と思ってしまった。

はっきり言って、内容はたいしたことないと思う。完全なB級映画。
どこかのレビューで、5点満点で2点がついていたほど。
でも、なぜかほっとけない。11月3日公開だけど、観に行ってしまうん
だろうなあ。
posted by nob at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

時をかける少女

先週に引き続き、月曜日から映画を観に行ってしまった。
送別会が早く終わり、そのまま帰るのはもったいないから、銀座まで
レイトショーを観に足を運んだ。

僕は昨年、大林監督の「時をかける少女」をビデオで観て、気に入っていた。
その映画がアニメになるということで、期待もあったけど、不安も強かった。
それは下手すると安っぽい映画になるんではないかという不安。

でも、この映画は僕の期待以上だった。
途中の部分は、実写版の方が尾道の美しい町並みを使っていたこともあり
優れていると思うけど、話の結び方はアニメの方が上だったと思う。
この映画がロングランになっているのもうなづける。

ところで、この映画の主題は、Time waits for no one.
本当の人生はやり直しがきかないからこそ、その時々を如何に生きるが
大切なんだよね。どんな結果になるにせよ、後悔しない人生にしたいと
思った。よし、明日も悔いの残らないようにしよう!
posted by nob at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

カポーティ

今日も昼間は映画鑑賞。
宿で一緒になったスイス人のYannと「カポーティ」を観て来た。

この作品は、「ティファニーで朝食を」などを書いた作家カポーティが
「冷血」というノンフィクション小説を書き上げるまでを描いたもの。

ストーリーもしっかりしていたし、役者の演技も素晴らしい。
微妙な心の描写が演技で表されているのだけど、それも見応えあった。

最近この類の映画を観ていなかったけど、こういう映画もたまには観ないと。
でも、なかなかないんだよね。
posted by nob at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

涙そうそう

日本シリーズはナイター。
昼間は特にやることがないため、映画鑑賞。
JRタワーにある札幌シネマフロンティアで「涙そうそう」を観た。
(水曜日はメンズデーだそうで1000円!)

この映画を観ながら思い出したのが、あだち充の「みゆき」。
長澤まさみがあだち充作品に連続して出演しているのもあるけど、
ストーリーも何となく近い。

「涙そうそう」も血のつながらない兄妹の話。
そして、お母さんが亡くなる前に、妹のことをよろしくと言い残す。
兄貴は頭が悪くて、妹は優秀で明るい。
他にもいろいろと共通点があったので、「みゆき」を思い出した。
そんな感じで、半分「みゆき」のストーリーを思い出しながら、
映画を楽しんだ。

市場の普段は愛想の悪いおばちゃんの演技が良かったなぁ。
兄貴が騙されて落ち込んでいたときの言葉にはジーンと来た。
あと、小泉今日子も存在感あった。

ちょっと話の展開には違和感もあったけど、楽しむのには十分。
涙もちょっと出た(野球ほどじゃないけど)。

平日の昼間に映画を観れるなんて幸せだ。
会社の皆さん、ごめんなさい。
明日も何か観ようかな。
posted by nob at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

幸せのポートレート

仕事帰りに気まぐれで観に行った映画。
この映画のメッセージはシンプルだけど、深いもの。

そのメッセージとは、「頭でっかちの理想にしがみつくのではなく、
ありのままを受け入れる」ということ。

理想にしがみつこうとするあまり、余計な力が入って、自分を見失っては
本末転倒だ。そもそも理想は自分がよりよくあるためにあるものだから。
だったら、ありのままを受け入れた方がいい。自然体で物事に接すること
ができれば、より良いパフォーマンスを発揮できるはず。
そして、その中で自分の道や求めるものを探し出せれば、きっと本当の
幸せに出会える。

所詮、地に足のついていないものは、芯のない上っ面なものだ。
僕のこの一年の目標でもある、「芯は太く」を達成するためにも、もっと
ありのままの自分を見つめて行きたいと思った。
posted by nob at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。